青汁の効果ってどんなもの?

青汁の効果ってどんなもの?

青汁は、どんな効果があり、どんなタイプを選べば良いのか迷っていませんか?

青汁の効果とは一体どこまであるのか?


hujki

青汁が体や健康、美容に良いとは言われていますが、そもそも青汁とは一体何か?と聞かれて答えることが出来ますか?

緑色のドリンク・・・とイメージすることは出来ますが、原材料や含まれる栄養について知らないことが実は多いのが青汁です。

一体どの成分や栄養素がたっぷり入っており、健康や美容に良いと言われているのでしょうか?

青汁は、野菜ジュースと言っても良いでしょう。いくつもの野菜を混ぜ合わせ、絞り出した汁が青汁で、健康のドリンクとして家庭で飲まれていたものが商品化されたものです。

野菜をミックスすると緑色になるので青汁という名前がついたようですよ。

エンプティカロリーが多い現代人

現在ではカロリーは足りているのに、栄養素が足りないという現代人が多く存在します。それはなぜか?

実はエンプティカロリーというものが多く、栄養素がないけれどカロリーだけはあるというもの、いわゆるジャンクフードが広まってしまっているからです。

ハンバーガーに代表されるように、ほとんど栄養素がなくカロリーばかり高いものを食べているとカロリーは足りているのに野菜などの栄養が殆ど摂れない生活になっています。

その中でより多くの栄養素を摂取することが可能で、色々な効能を持っているのが青汁なのです。野菜だけのスムージーとも言えます。

原材料はケールであることが多かったのですが、最近では飲みやすさを重視して大麦若葉や明日葉などが配合されていることが多いようです。

ケールだけの青汁は本当に苦く、臭みがあり飲みかったようですが、最近の大麦若葉を主原料とする現在の青汁は大変飲みやすく、クセがないと言われています。

青汁の原材料をチェックしよう

まさに昔ながらの青汁に入っているのがケールで、今現在でも青汁に配合されている植物です。栄養価の高い野菜で、野菜の王様とも呼ばれているようです。

βカロテン、ビタミンCなどが豊富で、抗酸化作用を持つビタミンもたっぷり含んでいるエイジングケアにも最適な野菜となります。

血管のアンチエイジング効果もあると言われていますから、年齢が気になる、血管年齢が気になるという人は、ケール配合の青汁をチョイスすると良いでしょう。

大麦若葉という野菜はケールより青臭さが少なく、苦みもないので、最近の青汁の主原料となっています。大変飲みやすい青汁になっているので、原材料の大麦若葉も大変食べやすい野菜となっています。

栄養面でもケールに劣らない豊富なビタミン、そしてSOD酵素と呼ばれる成分について着目されています。抗酸化作用が強いので、スキンケアに効果が高いと言われていますから、お肌の年齢を感じたら青汁をチェックしたいものです。

6bd7d6db14a9ac7bccdfa377b9584739_s

ケール、大麦若葉など、自然素材で青汁は出来ている

美肌、美白を目指すなら大麦若葉の配合された青汁を続けることで肌コンディションを整えることが出来ます。ドリンクタイプでもごくごく飲めるのがメリットの1つです。スッキリしたお茶のように飲めるので、今一番青汁に使われている植物です。

ミネラルはカルシウム、鉄、亜鉛、カリウム、マグネシウムや銅などが含まれており、貧血予防や代謝アップを狙うことが出来ますから女性には人気があります。

また水溶性ビタミンが多いので、美肌効果やシミ予防が期待されている野菜でもあります。食物繊維も豊富なので、腸内環境を整えることが出来、便秘解消、コレステロール値低下など、様々な効能を得ることが出来ます。

 

青汁の効果
カテゴリ
最新の投稿
サイト